代理行為(読み)ダイリコウイ

大辞林 第三版の解説

だいりこうい【代理行為】

代理人が、本人のためにすることを示してなす行為。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいり‐こうい ‥カウヰ【代理行為】

〘名〙 代理人が本人のためにする行為。代理人が積極的に意思表示をする能動代理と、第三者が本人に対してする意思表示を受領する受動代理とがある。〔投機市場論(1926)〕
※現行法律語の史的考察(1930)〈渡部万蔵〉三「問屋営業其ものはだんだん発達し、民法の制度あったとき代理行為として認められ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の代理行為の言及

【授権】より

…代理権を授与する法律行為を授権行為という。現実に行われる代理行為は本人・代理人間における実質的権利義務関係(内部関係)と代理権ないし代理関係(対外的代理関係)とからなっているとみることができるが,授権行為の概念によって委任契約・雇傭契約などの内部関係設定行為と区別して代理権授与行為を考えることができ,具体的代理行為を内的および外的の二つの異なった法的視点から評価することができる。授権行為を契約と解するか単独行為と解するかについては意見が分かれている。…

※「代理行為」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android