コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮名読新聞 かなよみしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮名読新聞
かなよみしんぶん

かなよみ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仮名読新聞
かなよみしんぶん

明治初期の代表的小(こ)新聞。1875年(明治8)11月1日仮名垣魯文(かながきろぶん)によって横浜で創刊され、魯文の「猫々(みょうみょう)奇聞」など軽妙洒脱(しゃだつ)な筆で人気を集めた。初めは隔日刊だったが76年8月日刊となり、77年3月東京に進出、5月3日付けから『かなよみ』と改題した。新聞小説史上有名な久保田彦作(1846―98)の『鳥追(とりおい)お松の伝』はこの年12月から連載されたもの。80年10月29日付け1400号で廃刊。[春原昭彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仮名読新聞の関連キーワード胡蝶園 若菜かなよみ新聞仮名垣魯文野崎 左文鳥追お松新聞小説小新聞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android