コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮名読新聞 かなよみしんぶん

2件 の用語解説(仮名読新聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仮名読新聞
かなよみしんぶん

かなよみ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仮名読新聞
かなよみしんぶん

明治初期の代表的小(こ)新聞。1875年(明治8)11月1日仮名垣魯文(かながきろぶん)によって横浜で創刊され、魯文の「猫々(みょうみょう)奇聞」など軽妙洒脱(しゃだつ)な筆で人気を集めた。初めは隔日刊だったが76年8月日刊となり、77年3月東京に進出、5月3日付けから『かなよみ』と改題した。新聞小説史上有名な久保田彦作(1846―98)の『鳥追(とりおい)お松の伝』はこの年12月から連載されたもの。80年10月29日付け1400号で廃刊。[春原昭彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone