かなよみ

デジタル大辞泉プラスの解説

かなよみ

明治時代の小新聞のひとつ。仮名垣魯文が1875年に横浜で創刊した「仮名読新聞」が1977年東京に進出、同年5月から改題したもの。久保田彦作による実録風連載小説「鳥追お松の伝」の掲載紙として知られる。1880年廃刊。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android