小新聞(読み)こしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小新聞
こしんぶん

明治の初期から中期にかけて庶民に人気のあった娯楽的な新聞の総称。政論を主にして有識層に読まれた大 (おお) 新聞に比べて,紙幅が狭いので小新聞という。最初の小新聞は『開知新報』 (1869) であるが,本格的な小新聞の最初は『読売新聞』。『平仮名絵入新聞』『仮名読新聞』などの新聞名でもわかるように,小新聞はふりがなをつけ,挿絵を入れ,定価も安く,三面記事が主で読みやすかった。 1880年を過ぎると東京の小新聞は政党新聞化し,大阪では『朝日新聞』のように報道新聞への道を歩みはじめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐しんぶん【小新聞】

明治前期に発行された小さな紙面の新聞。総ふり仮名の平易な文章で、世間で起こった事件や花柳界のうわさなどを載せ、一般大衆を読者対象とした。→大(おお)新聞
発行部数の少ない、勢力のない新聞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こしんぶん【小新聞】

明治前期の新聞の一形態。タブロイド判で、論説がなく、社会面が中心。多く対話形式のやさしい文章で綴られ、振り仮名・挿絵入り。当時の読売新聞・朝日新聞など。 → おお新聞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の小新聞の言及

【大新聞・小新聞】より

…1874年ごろから明確になる。大新聞は紙型が現代の新聞のブランケット判に近いのに対し,小新聞はその半分のタブロイド判であるため,こう呼ばれた。しかし,内容や読者層においても両者の特徴は対照的であった。…

【商業新聞】より

…販売収入,広告収入などを経営の基盤とし,利潤の獲得を前提とする新聞。日本では明治初期の新聞発達初期には,大(おお)新聞と小(こ)新聞があり,前者は政論中心であってそのほとんどは政府・政党から資金援助を受けることの多い御用新聞や政党新聞で,利潤獲得は第二義的であったのに対し,後者はそのような援助を受けることが少なく,企業存続のために利潤を得る必要があった。日本の商業新聞はこの小新聞を源流にして,明治後期から急速に発展して現在に至っている。…

【新聞】より

…一方,市中の事件や小説などをおもな内容とし,文章も読みやすい庶民相手の新聞も現れた。これらは小型のため〈小(こ)新聞〉といい,1874年創刊の《読売新聞》はその代表である(大新聞・小新聞)。80年代になると,〈大新聞〉が政府の徹底的な弾圧もあって経営が成り立たなくなったこともあり,報道中心の新聞がいっせいに誕生した。…

※「小新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小新聞の関連情報