コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大新聞 おおしんぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大新聞
おおしんぶん

小 (こ) 新聞の対。形式的には紙幅が大きく,内容的には政論新聞の伝統を継いで政治経済の記事を主とし,文章体で,定価も高く,インテリ層に読まれた。『朝野新聞』『郵便報知新聞』などがその代表。 1881年に国会が開設されたのちは誕生したばかりの各政党の系列下に入り,多くは政府批判を活発に展開したが,政府は新聞紙条例讒謗 (ざんぼう) 律を公布してこれを弾圧した。 1900年前後からは,大新聞も小新聞も報道新聞という新形式の新聞に圧倒され,統合されていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

おおしんぶん【大新聞】

明治前期の新聞の一形態。現在の通常の新聞の大きさで、文語口調の政論を主体とした新聞。主として教養層に読まれた。東京日日新聞・大阪日報など。 → 新聞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大新聞の言及

【大新聞・小新聞】より

…1874年ごろから明確になる。大新聞は紙型が現代の新聞のブランケット判に近いのに対し,小新聞はその半分のタブロイド判であるため,こう呼ばれた。しかし,内容や読者層においても両者の特徴は対照的であった。…

【商業新聞】より

…販売収入,広告収入などを経営の基盤とし,利潤の獲得を前提とする新聞。日本では明治初期の新聞発達初期には,大(おお)新聞と小(こ)新聞があり,前者は政論中心であってそのほとんどは政府・政党から資金援助を受けることの多い御用新聞や政党新聞で,利潤獲得は第二義的であったのに対し,後者はそのような援助を受けることが少なく,企業存続のために利潤を得る必要があった。日本の商業新聞はこの小新聞を源流にして,明治後期から急速に発展して現在に至っている。…

【新聞】より

…とくに81年の国会開設予告詔勅発布後は,誕生したばかりの各政党の機関紙となり,あるいは各政党別に系列化し,旧武士階級や知識人を読者層として,多くは政府批判の言論を掲げた。これらの新聞は大版だったため,〈大(おお)新聞〉と呼ばれた。これに対し政府は75年に〈新聞紙条例〉や〈讒謗(ざんぼう)律〉を公布して弾圧し,83年には〈新聞紙条例〉を改定して発行禁停止権を地方長官にももたせるよう拡大し,また発行保証金制度を設けて新聞・雑誌の刊行を抑制した。…

※「大新聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大新聞の関連キーワードタブロイド新聞大新聞・小新聞シネマ・ベリテ大新聞・小新聞絵入自由新聞かなよみ新聞高松 棟一郎社会タイムス東京絵入新聞絵入朝野新聞めさまし新聞仮名垣魯文日新真事誌共同通信社パナマ事件花森 安治仮名読新聞鈴木 東民野沢 隆一田所 太郎

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大新聞の関連情報