コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮名遣及仮名字体沿革史料 かなづかいおよびかなじたいえんかくしりょう

1件 の用語解説(仮名遣及仮名字体沿革史料の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かなづかいおよびかなじたいえんかくしりょう【仮名遣及仮名字体沿革史料】

大矢透の著書。1909年刊。国語調査委員会の国語史研究の一成果で,平安初期より室町時代にいたる仏典・漢籍の古訓点本より50種を選び,一部分を臨模して訓点の実際を示し,その文献に見られる仮名の字体を一覧し,古訓の実例を集め,仮名遣の正否を注意している。巻末に平安初期以降の古点本110余種の訓点に用いられた片仮名を年代順に一覧表として示してある。片仮名の字体がいかに変遷してきたか,いかに多様な異体の仮名からしだいに字体が統一されてきたかが一目でわかるようになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

仮名遣及仮名字体沿革史料の関連キーワード大槻文彦大矢透上田万年疑問仮名遣国語調査委員会大矢臨時国語調査会事故調事故調査委員会亀田次郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone