コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大矢透 おおや とおる

8件 の用語解説(大矢透の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大矢透

国語学者・仮名文学の研究家。越後生。新潟師範卒。号は蔦廼舎水斎。文学博士。昭和3年(1928)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおや‐とおる〔おほやとほる〕【大矢透】

[1850~1928]国語学者。新潟の生まれ。片仮名万葉仮名・漢字音・五十音図の変遷を研究、多くの業績を残した。著「仮名遣及仮名字体沿革史料」「仮名の研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大矢透【おおやとおる】

国語学者。越後の人。国語調査委員会の委員として多数の国語史料を調査し,片仮名万葉仮名漢字音の歴史的研究に業績が多く,国語史研究の基礎を築いた。主著《仮名遣及仮名字体沿革史料》《周代古音考》《音図及手習詞歌考》《成実論天長点》等。
→関連項目国語学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大矢透 おおや-とおる

1851*-1928 明治-大正時代の国語学者。
嘉永(かえい)3年12月3日生まれ。明治42年文部省国語調査委員会委員となり,仮名の歴史的変遷や上代日本語の音韻の解明などで業績をのこした。大正5年学士院恩賜賞。昭和3年3月16日死去。79歳。越後(えちご)(新潟県)出身。新潟師範卒。号は蔦廼舎(つたのや)水斎。著作に「仮名遣及仮名字体沿革史料」「韻鏡考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おおやとおる【大矢透】

1850‐1928(嘉永3‐昭和3)
国語学者。片仮名,万葉仮名,漢字音の研究にそれぞれ卓越した業績を残した。新潟の人。新潟師範卒業。1902年国語調査委員会補助委員(のちに委員)となり,片仮名が平安時代初め(8世紀後期)作り出されて後,年代的に字形が変えられて現行の字形となる経過を,年代の確実な仏典・漢籍の傍訓によって明らかにし,《仮名遣及仮名字体沿革史料》(1909)を刊行した。その後も片仮名の源流を求めて推古時代(7世紀初めころ)の万葉仮名の研究にいたり,その万葉仮名の字音が中国周代(前1100ころ‐前256)の古音にもとづくことを看取して古代シナ音の研究に没頭し,《仮名源流考》(1911),《周代古音考及韻徴》(1914),《韻鏡考》(1924)をまとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおやとおる【大矢透】

1850~1928) 国語学者。越後の生まれ。新潟師範卒。号は蔦廼舎つたのや。文部省の国語調査委員会の委員として、仮名字体・仮名遣いの変遷の研究を行う。著「仮名遣及仮名字体沿革史料」「仮名源流考及証本写真」「音図及手習詞歌考」「韻鏡考」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大矢透
おおやとおる

[生]嘉永3(1850).12.3. 新潟
[没]1928.3.16. 東京
国語学者。 1875年新潟師範学校卒業。国語調査委員会委員。 1916年帝国学士院恩賜賞受賞。 25年文学博士。かなづかい・かな字体や音韻の研究により,訓点語学への道を開拓。『仮名遣及仮名字体沿革史料』 (1909) ,奥村栄実 (てるざね) の『古言衣延弁 (こげんええべん) 』を補った『古言衣延弁補考』 (浄清本脱稿 07年,32年『古言衣延弁証補』として公刊) ,『仮名源流考及証本写真』 (11) ,『音図及手習詞歌考 (おんずおよびてならいしかこう) 』 (18) などの著書がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大矢透
おおやとおる
(1850―1928)

国語学者。新潟県生まれ。1876年(明治9)新潟師範学校を卒業。85年文部省に入り、のち国語調査委員会委員となって、とくに仮名研究に専念して諸寺の古経巻を踏査、その資料を収集した。仮名字体、仮名づかいの変遷を帰納的に研究考証し、ア行のエと、ヤ行のエが延喜(えんぎ)(901~923)以前では区別のあったこと、古代の仮名が中国周代以前の古い漢字音と一致することなどを論証、また『五十音図』『いろは歌』などの起源や成立年代にも創見を示した。これに伴う周代古音の研究や『韻鏡』の解釈などに関する著述もあり、資料に基づく考証的学風で、国語史研究ことに訓点語学に寄与した功績は大きい。[沖森卓也]
『『国語と国文学』1928年7月号「大槻大矢両博士記念」(至文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大矢透の言及

【国語学】より

…この会は,その事業の目的として,国語問題の解決をうたったのであるが,世に送った調査報告の多くは,国語問題に寄与するところがとぼしかった。その代りに,それらは,その学術的価値においてはなはだすぐれ,明治から大正初期にいたる時代の,国語学の歴史を飾る不滅の業績となっている(《音韻調査報告書》《口語法調査報告書》,大矢透《仮名源流考》,山田孝雄《平家物語につきての研究》その他)。大正の初年に,国語調査委員会が廃止されてのち,少なくとも,表面的には,国語学は衰えたが,少数の優秀な学者は,その研究をつづけた。…

※「大矢透」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大矢透の関連キーワード片仮名草仮名真仮名男仮名音仮名訓仮名国語仮名遣い字鏡真片仮名七つ以呂波

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone