仮定形(読み)かていけい

精選版 日本国語大辞典「仮定形」の解説

かてい‐けい【仮定形】

〘名〙 文法用語。活用形の一つ。口語用言助動詞の語尾変化の第五段。形容動詞まは若干の助動詞を除いては、文中単独で用いられず、接続助詞」を添えて、ま成立しない条件を仮定し、または条件の成り立つものと仮定する形。「読めば」「美しければ」「静かなら」「行ったら」の「読め」「美しけれ」「静かなら」「たら」の類。文語已然形から転じて成立したもの。この機能は文語では未然形が果たす。〔日本口語法(1906)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「仮定形」の解説

かてい‐けい【仮定形】

口語の活用形の一。用言助動詞の第五活用形。接続助詞」を伴って順接仮定の条件を示す。「行けば」「書けば」などの「行け」「書け」の類。文語の已然形が、その機能を変えて、主として仮定表現に用いられるようになったところからついた名称。文語では、この働きは未然形が有する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android