コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮定形 カテイケイ

デジタル大辞泉の解説

かてい‐けい【仮定形】

口語の活用形の一。用言助動詞の第五活用形。接続助詞」を伴って順接仮定の条件を示す。「行けば」「書けば」などの「行け」「書け」の類。文語の已然形が、その機能を変えて、主として仮定表現に用いられるようになったところからついた名称。文語では、この働きは未然形が有する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かていけい【仮定形】

口語の用言・助動詞の活用形の一。六活用のうち、第五番目に置かれる。接続助詞「ば」を伴って、仮定条件を表す。「読めば」「見れば」「受ければ」の「読め」「見れ」「受けれ」の類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone