コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

ば[五十音]

」の濁音。両唇破裂音の有声子音[b]と母音[a]とから成る音節。[ba]

ば[接助・係助]

[接助]
口語では活用語の仮定形、文語では活用語の未然形に付く。未成立の事柄を成立したものと仮定する条件を表す。もし…ならば。「暇ができれ行く」「雨天なら中止する」
「名にし負は―いざこと問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」〈伊勢・九〉
口語では活用語の仮定形、文語では活用語の已然形に付く。
㋐ある事態・ある条件のもとでは、いつもある事柄の起こる場合の条件を表す。…すると必ず。…するときはいつも。「当地も、四月中旬になれ桜が咲きます」「このボタンを押せ戸が開きます」
「家にあれ―笥(け)に盛る飯(いひ)を草枕旅にしあれば椎(しひ)の葉に盛る」〈・一四二〉
㋑ある事態・結果に気づくきっかけとなった動作・作用を表す。…したところが。「ふと見れ西空は夕焼けだった」「思え悲しい出来事だった」
「それを見れ―、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり」〈竹取

㋐(口語で仮定形に付いて)共存する事柄を並列・列挙する意を表す。「野球もすれテニスもする」「きれいな空もあれ澄んだ空気もある」
㋑話題となっている事柄の前提を表す。「ニュースによれ、またドルが下がったようだ」「簡単にいえ、世代の違いということだ」
㋒(「…ば…ほど」の形で用いる)…するといっそうの意を表す。「見れ見るほど美しい」「読め読むほどおもしろい」
文語で已然形に付く。
㋐原因・理由となる条件を示す。…ので。…だから。
「大人になりにけれ―、をとこも女も恥ぢかはしてありけれど」〈伊勢・二三〉
㋑二つの事態を対照的に表す。
「鏑(かぶら)は海へ入りけれ―、扇は空へぞあがりける」〈平家・一一〉
(多くは打消しの助動詞「ず」の已然形「ね」に付いて)逆接の確定条件を表す。…のに。
「我がやどの萩の下葉は秋風もいまだ吹かね―かくそもみてる(=コウモ色ヅイテイル)」〈・一六二八〉
[補説]1は係助詞「は」に由来するといわれる。口語でも「御意見あらばうけたまわりましょう」のように文語的表現には未然形に付いて用いられる。なお、近世、形容詞の連用形や打消しの助動詞「ず」に付く係助詞「は」を接続助詞「ば」と解して仮定条件を表すこともあった。4㋑は中世の用法。
[係助][係助詞]

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

「は」の濁音の仮名。両唇破裂音の有声子音と後舌の広母音とから成る音節。

( 接助 )
古語では、未然形に接続する場合と已然形に接続する場合があるが、現代語では、一部、未然形に接続することがあるほかは、大部分が仮定形接続に統一された。
順接の仮定条件を表す。未成立の事柄を仮定し、それを条件として表す。…ならば。古語では未然形に接続。 「雨が降れ-、試合を中止する」 「君さえよけれ-、一緒に行こう」 「かの国の人来-、みな開きなむとす/竹取」
(「…といえば」「…ならば」などの形で)事柄の内容や、よってきたる根拠を示す。 「大学といえ-、近ごろ問題が多いね」 「消息筋によれ-、内乱が起こったらしい」
順接の既定条件を表す。理由・根拠となる動作・作用を条件として示す。古語では已然形に接続。
ある条件が満たされれば、いつでもある事柄が起きるという場合の、条件を表す。 「立て-芍薬しやくやく、座れ-牡丹ぼたん」 「日が沈め-夜になる」 「命長けれ-辱はじ多し/徒然 7
引き続いて起こる事柄についての、きっかけを表す。…すると。…したところが。 「大勢の中で見れ-、それほど目立った存在ではない」 「一〇年前を思え-、ずいぶんぜいたくになったね」 「浜を見れ-、播磨の明石の浜なりけり/竹取」
原因・理由を表す。ので。から。 「塵を煙の如く吹き立てたれ-、すべて目も見えず/方丈記」
(多く「…も…ば」の形をとって)同類の事柄や共存する事柄を並列する。古語では已然形に接続(ただし、古語にはあまり見られない用法である)。 「金もなけれ-地位もない」 「ふるき都は荒れゆけ-、いまの都は繁昌す/平家 5
「ねばならぬ」「なければならない」など、慣用的な言い方として用いる。 「仕事にはできるだけ精を出さね-ならぬ」 「人は誠実に生きなけれ-ならない」
「いわば」「たとえば」などの形で、副詞的に用いる。 「いわ-、ひょうたんから駒が出たようなものだ」
「しからば」「なぜならば」などの形で、接続詞的に用いる。 「海運の振興を図るべきだ。なぜなら-、日本は島国だからである」
已然形に接続して、逆接の既定条件を表す。のに。 「あまの河浅せしら浪たどりつつわたりはてね-あけぞしにける/古今 秋上」 〔については、江戸時代後期の擬古文や明治期の普通文などでは形容詞語尾「く」「しく」に接続することもみられる(「恋ひしくば…」「…無くば」など)。これは形容詞連用形「く」「しく」に係助詞「は」の付いたものに条件意識が強く意識されてできたもの。→は(係助詞)

( 係助 )
〔係助詞「は」が格助詞「を」の下に付いて連濁を起こしたもの〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ばの関連情報