順接(読み)ジュンセツ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐せつ【順接】

[名](スル)二つの文または句の接続のしかたで、前件が後件の順当な原因・理由などになっているもの。「風が吹けば桶屋がもうかる」の「ば」や、「材料がない。だから期日までにはできない」の「だから」のような助詞・接続詞を用いて示される。⇔逆接

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんせつ【順接】

( 名 ) スル
ある条件に対して予期されるとおりの結果の現れることを示す表現形式。「君が来た。だから、うまく行った」「急いだので、間に合った」の類。順接の接続詞、接続助詞を用いて表現する。順態接続。 ⇔ 逆接

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅん‐せつ【順接】

〘名〙 二個の文または文節の続の仕方の一つ。前項が後項の順当な理由、原因、きっかけ、成立条件などになっているもの。ふつうは接続詞接続助詞によって表示される。「雨が降った。それで道が悪い」の「それで」、「快晴だったので嬉しかった」の「ので」などで表わされるような関係。順説。順態。⇔逆接。〔日本口語文法教本(1928)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

順接の関連情報