順接(読み)ジュンセツ

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐せつ【順接】

[名](スル)二つの文または句の接続のしかたで、前件が後件の順当な原因・理由などになっているもの。「風が吹けば桶屋がもうかる」の「ば」や、「材料がない。だから期日までにはできない」の「だから」のような助詞・接続詞を用いて示される。⇔逆接

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんせつ【順接】

( 名 ) スル
ある条件に対して予期されるとおりの結果の現れることを示す表現形式。「君が来た。だから、うまく行った」「急いだので、間に合った」の類。順接の接続詞、接続助詞を用いて表現する。順態接続。 ⇔ 逆接

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

順接の関連情報