仮想変位の原理(読み)かそうへんいのげんり

世界大百科事典 第2版の解説

かそうへんいのげんり【仮想変位の原理 principle of virtual displacement】

力学の原理の一つ。ニュートンの3法則が一般的な形式に書き直され解析力学として完成する過渡的な段階に現れたもので,それ自体としては質点系あるいは剛体系の平衡の条件を簡潔に述べるものである。番号iで指定される質点の系に対し,それらが互いに力を及ぼしつつ外力の影響下にあるとき,各質点iに働く力をFi,その力のもとで可能な各質点の変位をδxiとすると,これらの力が質点系になす仕事の総和δWがつねに0となる,すなわち,の条件に合致する各質点の位置xiがこの質点系の平衡位置である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android