仮痘(読み)カトウ

世界大百科事典 第2版の解説

かとう【仮痘 varioloid】

痘瘡(とうそう)ワクチンの接種(種痘)により十分な免疫をもつ人は痘瘡(天然痘)にかからないが,過去に種痘をうけて年月がたち,痘瘡に対する免疫が低下している人が痘瘡に感染した場合は,発病しても通常,症状が軽く,経過も短く,予後もよい。 このような痘瘡を仮痘あるいは軽痘という。豊田太郎は痘瘡の重症度から臨床病型を分類(《東京医事新誌》No.2333,1923)して,仮痘(広義),真痘,出血痘とし,さらに仮痘を無疹痘,仮痘(狭義)に二分した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かとう【仮痘】

種痘を受けた者がかかる痘瘡とうそう。発疹はつしんが少なく、化膿かのうも軽い。軽症痘瘡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐とう【仮痘】

〘名〙 種痘を受けていた者がかかる天然痘。症状は軽く、発疹も不規則で少なく、膿疱を作らないこともある。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android