コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮痘 カトウ

3件 の用語解説(仮痘の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

か‐とう【仮痘】

種痘を受けていた者がかかる、軽い痘瘡(とうそう)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かとう【仮痘 varioloid】

痘瘡(とうそう)ワクチンの接種(種痘)により十分な免疫をもつ人は痘瘡(天然痘)にかからないが,過去に種痘をうけて年月がたち,痘瘡に対する免疫が低下している人が痘瘡に感染した場合は,発病しても通常,症状が軽く,経過も短く,予後もよい。 このような痘瘡を仮痘あるいは軽痘という。豊田太郎は痘瘡の重症度から臨床病型を分類(《東京医事新誌》No.2333,1923)して,仮痘(広義),真痘,出血痘とし,さらに仮痘を無疹痘,仮痘(狭義)に二分した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かとう【仮痘】

種痘を受けた者がかかる痘瘡とうそう。発疹はつしんが少なく、化膿かのうも軽い。軽症痘瘡。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone