コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮痘 カトウ

デジタル大辞泉の解説

か‐とう【仮痘】

種痘を受けていた者がかかる、軽い痘瘡(とうそう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かとう【仮痘 varioloid】

痘瘡(とうそう)ワクチンの接種(種痘)により十分な免疫をもつ人は痘瘡(天然痘)にかからないが,過去に種痘をうけて年月がたち,痘瘡に対する免疫が低下している人が痘瘡に感染した場合は,発病しても通常,症状が軽く,経過も短く,予後もよい。 このような痘瘡を仮痘あるいは軽痘という。豊田太郎は痘瘡の重症度から臨床病型を分類(《東京医事新誌》No.2333,1923)して,仮痘(広義),真痘,出血痘とし,さらに仮痘を無疹痘,仮痘(狭義)に二分した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かとう【仮痘】

種痘を受けた者がかかる痘瘡とうそう。発疹はつしんが少なく、化膿かのうも軽い。軽症痘瘡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android