コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仰木彬 オオギアキラ

デジタル大辞泉の解説

おおぎ‐あきら【仰木彬】

[1935~2005]プロ野球選手・監督。福岡の生まれ。昭和29年(1954)西鉄西武の前身)に入団、3連覇の原動力となる。引退後は近鉄オリックスの監督を務める。イチローを育て上げ、「仰木マジック」と呼ばれる采配(さいはい)で注目された。平成16年(2004)オリックスと近鉄が統合して誕生したオリックスバファローズの初代監督。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仰木彬 おうぎ-あきら

1935-2005 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和10年4月29日生まれ。昭和29年投手として西鉄に入団。二塁手に転向し,三原脩監督のもとで大下弘,中西太,稲尾和久らと西鉄黄金時代をきずく。実働14年,通算打率2割2分9厘。18年間近鉄コーチをつとめ,63-平成4年近鉄監督(平成元年リーグ優勝)。6年からオリックス監督(7年リーグ優勝,8年日本一)。16年野球殿堂入り。平成17年12月15日死去。70歳。福岡県出身。東筑高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

仰木彬の関連キーワード大阪近鉄バファローズ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仰木彬の関連情報