コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大下弘 おおしたひろし

5件 の用語解説(大下弘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大下弘
おおしたひろし

[生]1922.12.15. 兵庫
[没]1979.5.23. 東京
プロ野球選手。 1945年明治大学を中退してセネタース (のちの東急フライヤーズ) に入団。 1946年には本塁打王。読売ジャイアンツ (巨人) の川上哲治が赤バットで快打を飛ばしたのに対し青バットで対抗する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおした‐ひろし〔おほした‐〕【大下弘】

[1922~1979]プロ野球選手・監督。兵庫の生まれ。昭和20年(1945)セネタース(北海道日本ハムの前身)に入団。翌年、20本塁打を放ち本塁打王を獲得した。「青バット」と呼ばれ、多くの記録を樹立。引退後はコーチ、監督として若手の指導に尽力した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大下弘 おおした-ひろし

1922-1979 昭和時代後期のプロ野球選手。
大正11年12月15日生まれ。昭和21年セネタースに入団し,20本塁打をうち日本記録をつくった。川上哲治の赤バットに青バットで対抗し,戦後のプロ野球発展につくした。27年西鉄に移籍。43年東映監督。本塁打王3回,首位打者3回,最高殊勲選手1回。昭和54年5月23日死去。56歳。55年野球殿堂入り。兵庫県出身。明大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おおしたひろし【大下弘】

1922~1979) プロ野球選手。兵庫県生まれ。1945年(昭和20)東急セネタースに入団。巨人軍川上哲治の赤バットに対し青バットで知られた。1968年には東映フライヤーズ監督を務めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大下弘
おおしたひろし
(1922―1979)

プロ野球選手(外野手:左投左打)、監督。12月15日、神戸市で生まれ、1936年(昭和11)台湾の高雄(たかお)に移る。高雄商野球部ではエースで4番をこなした。1942年に明治大学へ進学するが、戦争のためこの年限りで六大学野球は休止となり、そのため1試合も出場しないまま、翌1943年には兵役に就いた。1945年に復学したが、中退してセネタース(現、北海道日本ハムファイターズ)へ入団、1年目の1946年から本塁打王を獲得した。20本塁打というのは当時の新記録で、中島治康(はるやす)と鶴岡一人(かずと)が残した10本という従来の記録を倍増させるものであった。球団名が東急フライヤーズとなった翌1947年は打率と本塁打の二冠王を獲得した。その打球はアーチと表現するにふさわしく、川上哲治(てつはる)の弾丸ライナーとは対照的に、高く弧を描いて遠くに飛んだ。人々はホームランに魅了され、川上とは当時のプロ野球界の人気を二分、「赤バットの川上、青バットの大下」といわれた。1952年西鉄ライオンズ(現、埼玉西武ライオンズ)に移り、1959年退団した。1968年に1年だけ東映フライヤーズ(現、北海道日本ハムファイターズ)の監督を務めた。[出村義和]
 選手としての14年間の通算成績は、出場試合1547、安打1667、打率3割3厘、本塁打201、打点861。獲得したおもなタイトルは、首位打者3回、本塁打王3回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)1回、ベストナイン8回。監督としての通算成績(1年)は、80試合、30勝46敗4分け、勝率3割9分5厘。1980年(昭和55)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『大下弘著『大下弘日記――球道徒然草』(1980・ベースボール・マガジン社) ▽桑原稲敏著『青バットのポンちゃん大下弘――伝説に彩られた天才打者の実像』(1989・ライブ出版) ▽辺見じゅん著『大下弘――虹の生涯』(1992・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大下弘の言及

【野球】より

…45年1月1日から5日間,計8500人の観衆を集めて甲子園球場で行われた在阪4球団の試合を最後にプロ野球は中止となったが,敗戦直後の45年11月23日には神宮球場で東西対抗が行われ,再建の第一歩を印した。この試合でデビューした青バットの大下弘は,赤バットの川上哲治とならんでホームランのヒーローとなった。戦時中の日本野球報国会が日本野球連盟として再発足し,翌46年にはペナントレースが復活した。…

※「大下弘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大下弘の関連キーワード池田豊大杉勝男田宮謙次郎張本勲池永正明越智正典木塚忠助土井正博並木輝男松原誠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大下弘の関連情報