コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中西太 ナカニシフトシ

デジタル大辞泉の解説

なかにし‐ふとし【中西太】

[1933~ ]プロ野球選手・監督。香川の生まれ。高松一高時代から豪快な打撃で「怪童」とよばれる。昭和27年(1952)西鉄西武前身)に入団し新人王を獲得。翌年には史上3人目の3割30本塁打30盗塁以上を達成。同37年からは選手兼任監督となる。同44年に引退するまで本塁打王を5回、打点王を3回獲得。引退後は日本ハム阪神ヤクルトロッテの監督を務めた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中西太 なかにし-ふとし

1933- 昭和後期-平成時代のプロ野球選手,監督。
昭和8年4月11日生まれ。昭和27年西鉄に入団。新人王となり,怪童とよばれる。28年36本で本塁打王,打点王,3割1分4厘,36盗塁を記録。三原脩監督のもとで稲尾和久,豊田泰光らとともに西鉄の黄金時代をきずく。実働18年,本塁打王5回,首位打者2回,打点王3回。通算3割7厘,244本塁打。西鉄,日本ハム,阪神監督をつとめた。平成11年野球殿堂入り。香川県出身。高松一高卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中西太
なかにしふとし
(1933― )

プロ野球選手(内野手:右投右打)、監督。4月11日、香川県生まれ。高松一高時代から「怪童」とよばれ、その豪打は全国的に有名であった。1951年(昭和26)の夏の甲子園大会では準決勝に進出した。翌1952年に西鉄ライオンズ(現、埼玉西武ライオンズ)に入団して正三塁手となり、ホームラン12本を放って新人王に選ばれた。1953年はホームラン36本、86打点で二冠王となり、打率3割1分4厘に加え、36盗塁もマークし、史上3人目の「3割30本30盗塁」を達成した。その豪快な打撃は数々の逸話を生み、平和台球場(当時西鉄の本拠地)のバックスクリーンを越えていった場外ホームランは日本プロ野球史上最長飛距離であるといわれている。1954年は本塁打王、1957年は打点王のみに終わったが、1955年と1958年は首位打者と本塁打王、1956年は本塁打王と打点王となった。入団7年目で計4回も二冠王となったが、1959年以降は右手首の故障により代打出場が多くなり、1962年からは監督兼任、1969年で現役を退いた。その後、1974年、1975年と日本ハムファイターズ(現、北海道日本ハムファイターズ)、1980年、1981年と阪神タイガースの監督を務めた。[出村義和]
 選手としての18年間の通算成績は、出場試合1388、安打1262、打率3割7厘、本塁打244、打点785。獲得したおもなタイトルは、新人王、首位打者2回、本塁打王5回、打点王3回、最高殊勲選手(現、最優秀選手)1回、ベストナイン7回。監督としての通算成績(14年)は、1640試合、748勝811敗81分け、勝率4割8分、リーグ優勝1回。1999年(平成11)に野球殿堂(野球殿堂博物館)入り。[編集部]
『中西太著『人を活かす 人を育てる』(1991・学習研究社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

中西太の関連キーワード近鉄バファローズ野球殿堂博物館仰木彬大下弘中西

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中西太の関連情報