コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業の管理部門の海外アウトソース きぎょうのかんりぶもんのかいがいあうとそーす

1件 の用語解説(企業の管理部門の海外アウトソースの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

企業の管理部門の海外アウトソース

BRICsを中心とした新興国への日本企業による生産拠点の移転は、一層の低賃金・低コスト化を目指してグローバル化しているが、ここにきて、新興国の人材の質も向上し、語学面の障壁を始めとしたインフラが整備されつつあることを受け、人事・総務といった企業の管理部門を海外にアウトソースする動きが活発化している。既に多国籍企業のなかには、総務はマレーシア、人事はフィリピン、購買は中国といった国際分業体制を構築しているところもある。 日本企業の海外への業務アウトソースは、まず、生産性が低く、パターン化・マニュアル化しやすい業務について、低賃金の新興国に移転させるのが一般的である。コールセンターやバックオフィス業務など、事務の仕事を海外にアウトソースした企業は2500社を超える。 さらに、従来は付加価値が高く、海外への移転が難しいといわれていた管理部門についても海外でマネージすることで人件費を抑えようとする企業戦略が生まれている。 この背景には、受け入れ側となる新興国が外国語大学を創設して、日本語学科を設けるなど、コミュニケーション上の障害が取り払われつつあること。通信手段のグローバル化や経理基準を統一することで海外からでも管理ができる環境が整いつつあることがある。取引先との価格交渉についても海外の現地社員に委ねる企業も出てきている。

(森岡英樹 金融ジャーナリスト パラゲイト・コンサルタンツシニア・リサーチ・アソシエイツ / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

企業の管理部門の海外アウトソースの関連キーワード財界VTICs新興国投信三昧派インイン型QBoard新興企業新興国日系企業日本企業とM&A

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone