アウト(英語表記)Oud, Jacobus Johannes Pieter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウト
Oud, Jacobus Johannes Pieter

[生]1890.2.9. アムステルダム近郊
[没]1963.4.5. ハーグ近郊
オランダの近代建築家。 1916年 T.ドースブルフに会い,デ・ステイルの運動に参加,シュベーニンゲンの集合住宅 (1917) で名を現し,18年,ロッテルダム市の住宅担当技師となり,同市および他のオランダ諸都市で多くの集合住宅を手がけた。 27年にドイツのバイセンホーフに完成した「労働者のための集合住宅」は特に有名である。またアムステルダムのカフェ・デ・ユニのファサード (24~27完成,40破壊) を設計して,国際的名声を得た。長い間病床についたが,1930年代末に健康を取戻し,ハーグのシェル・ビル (38~42) と議事堂 (68) ,アルンヘムの身体障害児施設 (60) を建てた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アウト(out)

スポーツ用語。
㋐野球で、打者が打席に、走者が塁にいる権利を失うこと。⇔セーフ
㋑テニス・卓球などで、ボールが規定の線より外に出ること。⇔イン
㋒ゴルフで、18ホールで構成されているコースの前半9ホール。アウトコース。⇔イン
ぐあいが悪いこと。不成功なこと。「こんなに暑くちゃアウトだよ」「今回の試験は完全にアウトだ」
多く複合語の形で用い、外の、外側の、などの意を表す。「アウトコース」「アウトドア」
[補説]書名別項。→アウト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アウト

オランダの建築家。プルメーレント生れ。アムステルダム工芸学校出身。デ・ステイル派の一人として構成主義的な建築を作り,1920年代以降は正統的なヨーロッパ機能主義の指導者として活躍。ロッテルダムの集合住宅など社会的意義の大きい作がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アウト【Jacobus Johannes Pieter Oud】

1890‐1963
オランダの建築家。プルメレント生れ。モンドリアン,ファン・ドゥースブルフとともに〈デ・ステイル〉の結成に参加。その特色を示す作品にカフェ・ド・ユニ(1925)がある。1918年から15年間ロッテルダム市技師としてアウト・マテネッセ団地(1922),キーフフーク団地(1925)など多くの市営住宅を設計。またドイツ工作連盟主催の住宅展(1927,シュトゥットガルト)に連続住宅を設計,住宅建築に広い影響を与える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アウト【out】

他の外来語の上に付いて、外側・外部などの意を表す。 ⇔ イン
テニス・卓球などで、規定線の外側。また、球がその側に出ること。 ⇔ イン
野球で、打者または走者が攻撃の資格を失うこと。 ⇔ セーフ
ゴルフで、一ラウンド一八ホールのコースの前半の九ホール。 ⇔ イン

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アウト
あうと
Jacobus Johannes Pieter Oud
(1890―1963)

オランダの建築家。プルメレントに生まれ、デルフトとアムステルダムで修業。1918~1933年ロッテルダム市の建築家として多くの住宅設計に従事する。ル・コルビュジエと並んで機能主義の立場にたつ様式の代表者で、現代建築に及ぼした影響は大きい。いっさいのオーナメントを拒否する彼の建築では、色彩が唯一の装飾要素をなしている。機能性と居住性を追求する彼のプランは、1927年シュトゥットガルトのバイセンホフで開かれた国際住宅展で脚光を浴びた。[野村太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

アウト

(out)
[1] 〘名〙 ⸨アウツ⸩
① スポーツ用語。
(イ) (━する) 庭球、卓球などの球技で、球が規定の線外に出ること。⇔イン
(ロ) 野球で、打者や走者が攻撃資格を失うこと。刺殺。⇔セーフ
※松蘿玉液(1896)〈正岡子規〉七月二三日「走者(通過しつつある者)或る事情のもとに通過の権利を失ふを除外(アウト)といふ」
(ハ) ゴルフコースで、前半の九ホールをいう。アウトコース。⇔イン
※東京の孤独(1959)〈井上友一郎〉ナイス・ショット「富士コースのアウトを廻っていた午前中から弱音を吐いていた」
② 困ったこと。だめになること。また、具合が悪いこと。
※夢声半代記(1929)〈徳川夢声〉江戸ッ児になる迄「まかり間違へば、アウトだからな」
[2] 〘語素〙 外側の意を表わす。「アウトコーナー」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアウトの言及

【近代建築】より

…こうして,白い箱のような近代建築のイメージができ上がる。幾何的抽象の美学を建築にもたらそうとする考えはG.T.リートフェルト,J.J.P.アウトら,〈デ・ステイル〉グループの建築家によっても,またサンテリアなどのイタリア未来派の建築家たちによっても提唱された。しかしその一方で,抽象的ではあるが彫塑的な性格の強い造形を行うE.メンデルゾーンらのドイツ表現主義の建築家たちもいた。…

※「アウト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アウトの関連情報