BRICS(読み)ぶりっくす

  • Brazil, Russia, India, China, South Africa

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

経済成長著しいブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国の新興5か国をさす造語。5か国の英語の頭文字をとってBRICS(ブリックス)とよばれる。アメリカの証券会社ゴールドマン・サックスのエコノミストであったジム・オニールJim O'Neill(1957― )が2001年、投資家向けレポートで21世紀は巨大人口を抱える国々が高い成長を遂げると予測し、これを基にブラジル、ロシア、インド、中国の4か国の総称としてBRICs(sは複数形)と命名した。2011年には、南アフリカ共和国が加わりBRICSとなった。5か国で世界人口の約4割強、世界の国土の約3割、世界の国内総生産(GDP)の約2割を占める。ゴールドマン・サックスは2050年には、国内総生産(GDP)で中国がアメリカを抜いて世界1位となり、インドが3位、ブラジルが5位、ロシアが6位になると予測しており、BRICSは有力な投資先、人件費などが安い世界の工場地帯、巨大な消費地、豊富なエネルギーや資源を埋蔵する資源国として注目されている。経済面だけでなく、外交・軍事面でも影響力を高めており、BRICS5か国は欧米主導の国際秩序や外交交渉に対抗するため、毎年首脳会議を開いている。2014年には第二次世界大戦後の世界経済・国際金融を支えてきた国際通貨基金(IMF)・世界銀行(国際復興開発銀行)体制と一線を画す「新開発銀行(BRICS銀行)」の設立を決めた。途上国へ資金を供給して経済発展を支援する目的での設立だが、同時に、アジア・アフリカ諸国への援助でこうした国々が抱える資源やエネルギーを確保しようとの思惑もあるとされる。しかし5か国のうち中国とインドがカシミール国境問題で対立するなど、かならずしも軍事・安全保障面では一枚岩とはいえない。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

《Brazil, Russia, India, China, South Africaの頭文字から》地下資源に恵まれ、経済発展の著しいブラジルロシア連邦インド中国南アフリカ共和国の5か国。
[補説]2001年に米投資銀行のレポートで使われて広まった。当初は「BRICs」として南アフリカを含まぬ4か国を指したが、のちにSを大文字にして5か国を指すようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブラジルロシアインド中国南アフリカ共和国の 5ヵ国を指す造語。アメリカ合衆国の証券大手ゴールドマン・サックスが 2001年にブラジル,ロシア,インド,中国の 4ヵ国の英語の頭文字をとった「BRICs」の急速な経済発展を予測するレポートを発表し,新興国の代名詞として広まり,のちに南アフリカが加えられた。BRICs 4ヵ国は安価な労働力や天然資源が豊富なことに加え,1990年代頃から経済改革が進み,潜在的な成長力が高まった。名目国内総生産 GDPの合計が世界経済に占める比率は,2010年に約 18%と 2000年からほぼ倍増した。中国の名目GDPは 2010年に日本を抜いて,アメリカに次ぐ世界第2位の経済大国に躍り出た。特に 2008年の世界的な金融危機「リーマン・ショック」で先進国が不況に陥るなか,4ヵ国は影響が比較的軽く,世界経済の回復を牽引したため,存在感が一段と大きくなった。4ヵ国は 2009年から毎年首脳会議を開催し,南アフリカが 2011年から参加,発言力拡大をはかっている。金融危機後に定期的に開かれるようになった G20サミット(主要 20ヵ国・地域首脳会議)にも BRICS 5ヵ国が名を連ねる。一方,近年はインフレーションに悩まされて成長にかげりも出てきている。また,これまでの高成長のひずみとして経済格差の拡大といった問題にも直面している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

BRICSの関連情報