コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業会計原則の構成 きぎょうかいけいげんそくのこうせい

1件 の用語解説(企業会計原則の構成の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

企業会計原則の構成

企業会計原則の構成は以下のとおりです!【一般原則】・真実の財務諸表の作成(真実性の原則)・正確な会計帳簿の作成(正規の簿記の原則)・資本と利益の区別(資本取引損益取引区別の原則)・明瞭な開示(明瞭性の原則)・会計方針の継続適用(継続性の原則)・最も健全な会計処理(保守主義の原則)・財務諸表に実質同一性を持たせる。(単一性の原則)【損益計算書原則】損益計算書に固有の会計処理法【貸借対照表原則】貸借対照表に固有の会計処理法【注釈】・本文の趣旨をお明確にする・実践規範としての役割

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

企業会計原則の構成の関連キーワード会計原則企業会計原則継続性の原則企業会計剰余金GAAP粉飾簿価会計リース会計の見直し自転車の交通違反の罰則の例

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone