企業年金連合会(読み)キギョウネンキンレンゴウカイ

デジタル大辞泉の解説

きぎょうねんきん‐れんごうかい〔キゲフネンキンレンガフクワイ〕【企業年金連合会】

平成16年(2004)厚生年金保険法改正に伴って、平成17年(2005)に厚生年金基金連合会を改組して名称を変更した法人組織。年金給付を行うための保有資産の安全で効率的な運用を行いながら、厚生年金基金確定給付型企業年金確定拠出年金といった複数企業年金適用資格を通算して給付する、厚生年金基金を中途で脱退した人などに対して年金を給付する、といった事業を行う。
[補説]厚生年金基金連合会は同法に基づき、昭和42年(1967)に全国の厚生年金基金が共同で設立した特殊法人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる