コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚生年金保険法 こうせいねんきんほけんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厚生年金保険法
こうせいねんきんほけんほう

昭和 29年法律 115号。労働者年金保険法 (昭和 16年法律 60号) およびそれを改正した旧厚生年金保険法 (昭和 19年法律 21号) を改正したもの。企業従業員についての厚生年金保険を定める社会保障法の一つ。基礎年金に上乗せして,在職時の報酬と加入期間に応じて老齢,障害,遺族の厚生年金を支給する。国民年金法とならんで日本の公的年金法の中心を占めるものである。保険者 (政府) ,被保険者保険料率,諸保険給付を定める。保険料は標準報酬月額および標準賞与額に保険料率を乗じて得た額とし,半額は事業主負担である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうせいねんきんほけん‐ほう〔‐ハフ〕【厚生年金保険法】

民間企業で働く人が対象となる厚生年金について定めた法律。厚生年金の被保険者、給付される年金の種類、給付期間、金額等に関して規定する。昭和29年(1954)施行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

厚生年金保険法の関連キーワード戦時動員された外国人の厚生年金問題厚生年金給付特例法厚生年金基金保険年金資金運用基金企業年金連合会社会保険事務所日本年金機構厚生年金基金年金保険制度鉱山労働者スライド制企業年金遺族年金通算年金所得保障労働法退職金社会権

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厚生年金保険法の関連情報