伊予温湯碑文(読み)イヨオントウヒブン

大辞林 第三版の解説

いよおんとうひぶん【伊予温湯碑文】

596年聖徳太子が葛城臣・恵慈法師を伴って、伊予道後の温湯宮を訪れたことを記した碑文。碑は現存せず、「釈日本紀」引用の伊予風土記によって伝わる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android