コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊予温湯碑文 イヨオントウヒブン

デジタル大辞泉の解説

いよおんとう‐ひぶん〔いよヲンタウ‐〕【伊予温湯碑文】

推古天皇4年(596)に聖徳太子伊予道後温泉を訪れたことを記した碑文。現存しないが、その銘文は「釈日本紀」に引用されている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いよおんとうひぶん【伊予温湯碑文】

596年聖徳太子が葛城臣・恵慈法師を伴って、伊予道後の温湯宮を訪れたことを記した碑文。碑は現存せず、「釈日本紀」引用の伊予風土記によって伝わる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

伊予温湯碑文の関連キーワード中津川市長の解職請求松江北高校の災害ボランティア飛鳥寺道宣飛鳥寺グランド・ディクサンス・ダム飛鳥寺曼荼羅寺飛鳥寺慧慈

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone