コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道後温泉 どうごおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

道後温泉
どうごおんせん

愛媛県中部,松山市街地の東,石手川沿いにある温泉松山平野北東部に位置する。歴史は古く『万葉集』にも記述がみられる。泉質はアルカリ単純泉泉温は 50℃前後。神経痛,胃腸病などにきく。明治期から 1955年頃まで湯量が少く公営の共同浴場だけであったが,現在ではボーリングにより増量し,内湯化が進んだ。 1892年から3年半かけて建築された木造3階建ての道後温泉本館 (重要文化財) は温泉情緒豊かな共同浴場で,夏目漱石の小説『坊つちやん』の舞台としても有名。四国ばかりでなく全国各地から観光客が多く,上流域は奥道後温泉に続く。付近には道後公園や史跡の松山城跡,四国八十八ヵ所第 51番札所の石手寺がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

どうごおんせん【道後温泉】

愛媛県松山市の市街の北東、道後山の麓にある温泉。古代から知られた温泉で「伊予国風土記」逸文などに記載が見られる。単純泉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕道後温泉(どうごおんせん)


愛媛県松山(まつやま)市にある行楽・保養向きの温泉。古く「伊予温湯(いよのゆ)」「熟田津石湯(にぎたつのいわゆ)」の名で『万葉集』『日本書紀』などにも登場し、日本最古の温泉の一つとされる。夏目漱石(なつめそうせき)『坊っちゃん』の重要な舞台で、共同浴場の道後温泉本館(振鷺(しんろ)閣)にはゆかりの部屋が残る。伊予路・松山市内観光の拠点。温泉街南側の道後公園は中世の湯築城址(ゆづきじょうし)で正岡子規(まさおかしき)の記念博物館も建つ。ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉。泉温54.2℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道後温泉
どうごおんせん

愛媛県松山市にある温泉。温泉の歴史は古く、「伊予温湯(いよのゆ)」「熟田津石湯(にぎたつのいわゆ)」などという。『日本書紀』『万葉集』『伊予国風土記(ふどき)』逸文、『源氏物語』などにその記述がみられ、日本最古の温泉の一つである。火山性温泉とは異なり、領家花崗(りょうけかこう)岩帯に貫入した黒雲母(くろうんも)花崗岩の裂け目から湧出(ゆうしゅつ)する温泉である。道後湯之町(ゆのまち)を通り、北西―南東方向に断層があって、源泉の多くはこの破砕帯にあり、十数か所現存する。断層の上部は厚い沖積層に覆われているので、源泉垂直深度は大きく300~500メートルに達する。泉質は単純アルカリ質、湧出量は毎分100~200リットルだが変動がある。1946年(昭和21)の南海地震では一時湧出が停止した。道後温泉本館(振鷺(しんろ)閣)は明治中期の建物で国指定重要文化財。神之湯、霊之湯(たまのゆ)、休憩所からなる共同浴場である。ほかに数か所の共同浴場があり、旅館・ホテルは約100軒を数える。各種娯楽施設、土産(みやげ)物店などがあり、一大温泉街をなしている。JR予讃(よさん)線松山駅から伊予鉄市内線が通じる。[深石一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

道後温泉の関連キーワード奥道後玉川県立自然公園松山市野外活動センター愛媛県松山市道後湯之町伊予鉄道松山市内線伊予道後温泉碑文軽太子・軽大郎女坊っちゃん列車道後[温泉]温泉(地学)伊予温湯碑文愛媛県松山市愛媛(県)熟田津石湯松山(市)軽大娘皇女道後湯之町伊予の湯桁高縄半島湯築城跡白浜温泉

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道後温泉の関連情報