コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊佐山三郎 いさやま さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊佐山三郎 いさやま-さぶろう

1901-1967 大正-昭和時代の映画カメラマン。
明治34年1月5日生まれ。大正11年日活向島撮影所にはいる。関東大震災で東京向島から移転した京都撮影所で田坂具隆(ともたか)監督と「しゃぼん娘」「路傍の石」「陽のあたる坂道」などおおくの作品を手がけた。昭和42年9月21日死去。66歳。茨城県出身。中央大中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊佐山三郎の関連キーワード真実一路 父の巻真実一路 母の巻かんかん虫は唄ふ長崎の歌は忘れじ峠を渡る若い風鳩笛を吹く女阿里山の侠児今日のいのちこの母を見よ思ひ出の水夫若い川の流れ鳥居強右衛門どぶろくの辰月よりの使者追憶の薔薇叫ぶアジア明治一代女吹けよ春風無鉄砲時代歓楽の女

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android