コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一本立ち イッポンダチ

デジタル大辞泉の解説

いっぽん‐だち【一本立ち】

[名](スル)
広い所に樹木などが1本だけ立っていること。
他人から援助を受けず、独立して物事をすること。「親元を離れ、一本立ちして事業を始める」
自分一人で仲間のないこと。孤立。
「親王は―、誰かしづく者もなく」〈浄・用明天王

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっぽんだち【一本立ち】

( 名 ) スル
他人の助けを受けず、独力でやってゆくこと。独立。ひとりだち。 「自分の店を持って-する」
一つだけほかから離れていること。立。
広い所に木がただ一本はえていること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一本立ちの関連キーワードアレクサンドロ ガーリチストック(アブラナ科)フランセスコ ロージ一立斎文車(初代)ウィンドウズ3.1ジャンニ アメリオハヤフサ・ヒデトミッキー・マウスドナルド・ダックハヤブサ ヒデト伊佐山 三郎飯岡助五郎一立斎文車観世 左近関沢 新一ユトケビチキューカーフェリーニ道場六三郎厚田 雄春

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一本立ちの関連情報