コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二階堂氏 にかいどううじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二階堂氏
にかいどううじ

藤原南家の流れ。藤原行政が,鎌倉幕府の成立に伴って政所寄人,政所令となり,鎌倉二階堂に住んだのが始り。以後,行光政所執事に補任されてから,代々執事を世襲し,室町時代に及んだ。一族は,広く全国にわたり,長門守護職ともなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にかいどううじ【二階堂氏】

鎌倉・室町時代の伊豆出身の豪族。藤原氏。狩野氏,工藤氏らと同族。のち鎌倉二階堂の地名によって二階堂を称した。初め行政は源頼朝に属し,鎌倉幕府創設に伴って政所寄人,ついで同執事となる。この職は行光,行盛,行泰以下に伝えられる。子孫繁盛し所領も相模,薩摩,三河,伊勢,肥前,陸奥などの各所に及んだ。鎌倉時代を通じ幕府文吏系統の御家人のうち最も重きをなし,一族中で評定衆引付衆に列するものが多く,その数は北条氏についだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二階堂氏
にかいどううじ

藤原氏南家、武智麻呂(むちまろ)の子乙麻呂(おとまろ)流工藤(くどう)氏より分かれる。鎌倉・室町幕府の事務職員の家。伊豆の豪族狩野(かの)氏と同族であるが、行政(ゆきまさ)のとき、おそらく京都から鎌倉に下向し源頼朝(みなもとのよりとも)に従ったものと思われる。鎌倉の二階堂に住し、地名が苗字(みょうじ)となった。年代記などによれば、行政が幕府の政所執事(まんどころしつじ)となってのち、子孫も執事職に就任、行政の孫行盛(ゆきもり)以後は、当職を同氏が独占した。また幕府や六波羅探題(ろくはらたんだい)の評定衆(ひょうじょうしゅう)、引付衆(ひきつけしゅう)などの要職につく者が多く、一族は幕閣に繁栄した。室町幕府になってからも、評定衆の家格を保ち、初期には政所執事となり、また関東統治機関であった鎌倉府(関東府)の政所執事職にも同氏が就任した。このほか、陸奥(むつ)の須賀川(すかがわ)の二階堂氏は、戦国大名として活躍したが、1589年(天正17)伊達政宗(だてまさむね)に滅ぼされた。繁栄を誇った二階堂氏も江戸時代には衰えた。行政の孫元行(もとゆき)の子孫で、のちに薩摩(さつま)の島津氏の家臣となった一流の古文書が現存している。[百瀬今朝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

二階堂氏の関連キーワード二階堂行久(2)政所(日本史)須賀川(市)二階堂行政牧丘[町]刈谷[市]沙汰未練書岩手(県)二階堂忠行熊谷直経伊達政宗長門探題伊達持宗須賀川城伊作久義佐竹貞義中原章賢岐阜市伊勢氏蘆名氏

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二階堂氏の関連情報