伊勢いも

デジタル大辞泉プラスの解説

伊勢いも

三重県、奈良県などで生産されるヤマイモ。ゴツゴツとした形状で、色は白く、おろしても変色しない。粘り気が強く、アクが少ない。栄養価が高く「畑のうなぎ」とも言われる。三重県多気郡多気町の津田地区原産で、栽培の歴史は300年以上とされる。当初は地名をとって「津田薯(つだいも)」と呼ばれた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

伊勢いも[根菜・土物類]
いせいも

東海地方、三重県の地域ブランド。
主に多気郡多気町で生産されている。300年以上前から栽培されており、明治時代に伊勢いもと命名された。すりおろしたたあとも白色が変わらず、強い粘り気がある。10月から12月にかけて収穫される。みえの伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android