コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢使 いせのつかい

1件 の用語解説(伊勢使の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いせのつかい【伊勢使】

朝廷から伊勢神宮遣わされる勅使のこと。伊勢神宮の神嘗(かんなめ)祭にあたり幣帛供進のため遣わされる伊勢例幣使のほか,臨時に遣わされる奉幣の使をもいう。例幣使は五位以上の諸王の中から占いをもって選ばれ,これに神祇官の中臣(なかとみ),忌部(いんべ),卜部(うらべ)が従い,これを四姓幣使と称した。幣使発遣の儀は宮中でも重要な儀式とされ,平安末期まで天皇親臨の儀が行われた。例幣使は毎年旧暦の9月11日に都を出発し,15日夕刻から17日まで,外宮・内宮の神嘗祭を執行,20日に帰京して復命した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊勢使の関連キーワード大宮司祈雨使伊勢路伊勢鳥居伊勢の使官幣使祭使四姓の使奉遷使例幣使

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone