伊勢使(読み)いせのつかい

世界大百科事典 第2版の解説

いせのつかい【伊勢使】

朝廷から伊勢神宮に遣わされる勅使のこと。伊勢神宮の神嘗(かんなめ)祭にあたり幣帛供進のため遣わされる伊勢例幣使のほか,臨時に遣わされる奉幣の使をもいう。例幣使は五位以上の諸王の中から占いをもって選ばれ,これに神祇官の中臣(なかとみ),忌部(いんべ),卜部(うらべ)が従い,これを四姓幣使と称した。幣使発遣の儀は宮中でも重要な儀式とされ,平安末期まで天皇親臨の儀が行われた。例幣使は毎年旧暦の9月11日に都を出発し,15日夕刻から17日まで,外宮・内宮の神嘗祭を執行,20日に帰京して復命した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android