神嘗(読み)かんなめ

精選版 日本国語大辞典「神嘗」の解説

かん‐なめ【神嘗】

〘名〙 (「かむなめ」とも表記) 「かんなめさい(神嘗祭)」の
※拾芥抄(13‐14C)下「祈年・月次・神嘗・毎年大嘗等祭。為中祀
※太平記(14C後)二四「九月には、九日重陽の。十一日は伊勢の例幣・祈年(としこい)・月次(つきなみ)・神嘗(カンナメ)新嘗・大忌・風神」

かん‐にえ ‥にへ【神嘗】

〘名〙 (「かむにへ」と表記) =かんなめ(神嘗)
延喜式(927)祝詞(たてまつ)る九月の神嘗(かむにへ)の大幣帛を〈略〉忌部弱肩に太襁取り懸けて」

かむ‐なめ【神嘗】

かむ‐にえ ‥にへ【神嘗】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「神嘗」の解説

かむ‐にえ〔‐にへ〕【×嘗】

かんなめ」に同じ。
「九月(ながつき)の―の大幣帛(おほみてぐら)を」〈祝詞・九月神嘗祭

かむ‐なめ【×嘗】

かんなめ

かん‐なめ【神×嘗】

神嘗祭(かんなめさい)」の略。かむなめ。

かん‐にえ〔‐にへ〕【神×嘗】

《「かむにへ」とも表記》「かんなめ」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android