伊勢竹圃(読み)いせ ちくほ

  • 伊勢竹圃 いせ-ちくほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1818/19-1869 江戸時代後期の書家,詩人。
文政元/2年生まれ。伊勢(いせ)浜田(三重県河芸(かわげ)町)の人。山田松斎に儒学をまなび,京都清水寺の成就院でおしえる。帰郷後は人と交流せず,詩には勤王の立場から時世慨嘆(がいたん)するものがおおかった。明治2年4月2日死去。51/52歳。名は光寿,光臣。通称は太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android