コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田松斎 やまだ しょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田松斎 やまだ-しょうさい

1770-1841 江戸時代後期の儒者。
明和7年生まれ。信濃(しなの)東江部村(長野県中野市)の豪農亀田鵬斎(ほうさい)にまなび,漢詩の結社晩晴吟社をおこす。天明飢饉(ききん)では施米をおこない農民を救済した。天保(てんぽう)12年8月28日死去。72歳。名は顕孝。字(あざな)は文静,太古。通称は荘(庄)左衛門別号に宝善堂。著作に「譬稲性弁(ひとうせいべん)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山田松斎の関連キーワード伊勢竹圃儒者

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android