コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢茶 いせちゃ

飲み物がわかる辞典の解説

いせちゃ【伊勢茶】


三重県に産する緑茶。主な産地は、鈴鹿山麓の北勢地域と台高山脈にかかる南勢地域。煎茶(せんちゃ)のほか、かぶせ茶の生産量が多い。

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の伊勢茶の言及

【煎茶】より

…北海道と東北の一部を除いて日本全土でつくられており,産額は静岡県が最も多く,鹿児島,三重,埼玉の諸県がそれに続く。産地銘柄としては,静岡県の川根茶,本山茶,京都府では宇治田原や和束(わづか)の宇治茶,埼玉県の狭山(さやま)茶,三重県の伊勢茶,奈良県の大和茶などが知られている。品種としては,明治末に静岡県で育てられた藪北(やぶきた)が品質,収量ともにすぐれ,全国的に栽培されて茶樹の代表種とされている。…

※「伊勢茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊勢茶の関連情報