コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天然自然 テンネンシゼン

デジタル大辞泉の解説

てんねん‐しぜん【天然自然】

《同じ意味の語を重ねて強調したもの》
人為によらないで存在するものや現象。「天然自然の美」
(副詞的に用いて)物事がおのずから起こるさま。ひとりでに。
「―自分を開放してしまった」〈漱石明暗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんねんしぜん【天然自然】

人の力によらないで存在するものや現象など。自然。 「 -の要害」
意図しないでそうなるさま。副詞的に用いる。 「 -自分を開放してしまつた/明暗 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天然自然の関連キーワード栗山式食事療法ほんもの志向L. ピザ個人主義果汁人為盆栽和紙天道要害

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天然自然の関連情報