コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東燕凌(2代) いとう えんりょう

1件 の用語解説(伊東燕凌(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東燕凌(2代) いとう-えんりょう

1801-1855 江戸時代後期の講釈師。
享和元年生まれ。初代伊東燕晋(えんしん)の弟子初代燕凌に入門,文政12年2代を襲名。木戸銭をたかくしても大入りの人気で,天保(てんぽう)11年7代市川団十郎が「勧進帳」の舞台でその講釈の調子をとりいれたという。安政2年7月15日死去。55歳。姓は漆畑。名は新介。初名は伊東凌宇。著作に「義士肖像忠臣蔵」。
【格言など】酔ひさめのこれや此世の秋の水(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊東燕凌(2代)の関連キーワード空板講釈師赤松梅竜石川一夢神田伯竜(初代)神田伯竜(2代)乾坤坊良斎柴田南窓瑞竜軒(2代)原栄宅

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone