コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東燕凌(2代) いとう えんりょう

1件 の用語解説(伊東燕凌(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東燕凌(2代) いとう-えんりょう

1801-1855 江戸時代後期の講釈師。
享和元年生まれ。初代伊東燕晋(えんしん)の弟子初代燕凌に入門,文政12年2代を襲名。木戸銭をたかくしても大入りの人気で,天保(てんぽう)11年7代市川団十郎が「勧進帳」の舞台でその講釈の調子をとりいれたという。安政2年7月15日死去。55歳。姓は漆畑。名は新介。初名は伊東凌宇。著作に「義士肖像忠臣蔵」。
【格言など】酔ひさめのこれや此世の秋の水(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊東燕凌(2代)の関連キーワード享和浮世絵辛酉教獄植崎九八郎歌川豊広神田厚丸喜多川歌麿桜川慈悲成昇亭北寿鳥文斎栄之

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone