コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東重義 いとう しげよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東重義 いとう-しげよし

1631-1663 江戸時代前期の武士。
寛永8年生まれ。伊東重門(しげかど)の養父。陸奥(むつ)仙台藩士。寛文3年原田甲斐(かい)とともに奉行(家老)となる。就任に先だって藩主伊達亀千代(綱村)の後見役である伊達宗勝(むねかつ)と田村宗良(むねよし)に誓書をかかせたが,まもなく病にたおれた。宗勝の専横がつよまるなか,後事を分家の伊東重孝に託して,寛文3年9月16日死去。33歳。通称は新左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊東重義の関連キーワードカルヴァリョカルバリヨ本多忠政アラウィー朝ガゼット・ド・フランスベスビオ火山野中兼山椋梨一雪デンマーク文学野中兼山

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android