コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東重孝 いとう しげたか

1件 の用語解説(伊東重孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東重孝 いとう-しげたか

1633-1668 江戸時代前期の武士。
寛永10年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。藩主伊達亀千代(綱村)の後見役伊達宗勝(むねかつ)の専横を幕府にうったえる。宗勝に命をねらわれ,本家の伊東重門(しげかど)とともに逆に宗勝を殺害しようとしたが発覚し,寛文8年4月28日処刑された。36歳。3年後の寛文事件(伊達騒動)で宗勝は失脚。通称は七十郎。
【格言など】われ奸賊(かんぞく)を除くあたわず。恨(うら)みを齎(も)って地に入る。死して霊あらば三年必ず徴(しるし)あらん(遺言)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊東重孝の関連キーワード生駒利勝榎本就時加藤光正神波理助朽木良綱国包(3代)死人小左衛門多賀左近寺村山川藤川重勝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone