コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東重孝 いとう しげたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東重孝 いとう-しげたか

1633-1668 江戸時代前期の武士。
寛永10年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。藩主伊達亀千代(綱村)の後見役伊達宗勝(むねかつ)の専横を幕府にうったえる。宗勝に命をねらわれ,本家の伊東重門(しげかど)とともに逆に宗勝を殺害しようとしたが発覚し,寛文8年4月28日処刑された。36歳。3年後の寛文事件(伊達騒動)で宗勝は失脚。通称は七十郎。
【格言など】われ奸賊(かんぞく)を除くあたわず。恨(うら)みを齎(も)って地に入る。死して霊あらば三年必ず徴(しるし)あらん(遺言)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊東重孝の関連キーワード伊東重義伊東重門

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android