コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東颯々

美術人名辞典の解説

伊東颯々

江戸後期の鍛冶師歌人大津生。名は巨規、通称は源兵衛、秋迺舎と称した。家業傍ら、円城寺の僧より仏学を修め、また江戸の四方真顔等について歌道を究めた。万葉集二十巻の註釈をものした。安政5年(1858)歿、76才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東颯々 いとう-さつさつ

1783-1858 江戸時代後期の狂歌師。
天明3年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)大津の鍛冶(かじ)職人。家業のかたわら,江戸の鹿都部真顔(しかつべの-まがお)にまなぶ。「古今和歌集」の中の俳諧(はいかい)歌を推奨した。安政5年2月16日死去。76歳。名は巨規。通称は源兵衛。別号に秋廼舎(あきのや)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊東颯々の関連キーワード狂歌師

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android