コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊波冬子 いは ふゆこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊波冬子 いは-ふゆこ

1897-1975 大正-昭和時代の歌人。
明治30年6月10日生まれ。「沖縄朝日新聞」の歌壇で活躍。大正13年生地の沖縄から上京して,東京女高師(現お茶の水女子大)付属図書館につとめる。伊波普猷(ふゆう)と結婚したが,昭和22年夫は死去。34年に帰郷,亡夫の全集の出版につくす。晩年は折口信夫(しのぶ)に師事した。昭和50年11月22日死去。78歳。沖縄第一高女卒。筆名は真栄田(まえだ)忍冬

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊波冬子の関連キーワード昭和時代歌人

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android