伊藤大八(読み)いとう だいはち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤大八 いとう-だいはち

1858-1927 明治-大正時代の政治家。
安政5年11月15日生まれ。中江兆民仏学塾にまなび,陸軍幼年学校訳官などをつとめる。明治23年衆議院議員(当選5回)。自由党,のち憲政党,政友会に所属。31年逓信省鉄道局長。大正3年満鉄副総裁。昭和2年9月10日死去。70歳。信濃(しなの)(長野県)出身。旧姓平沢

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

伊藤大八

没年:昭和2.9.10(1927)
生年:安政5.11.15(1858.12.19)
明治期の政治家。信濃国伊那郡上殿岡村(長野県飯田市)に生まれ,中江兆民の仏学塾に学ぶ。陸軍幼年学校訳官などを経て,明治23(1890)年第1回総選挙で長野県郡部から衆院議員に当選,以後当選5回。自由党,憲政会,立憲政友会に所属。31年鉄道局長,43年政友会幹事長,大正2(1913)年には満鉄副総裁に就任した。政友会領袖中の実力者で,中央本線敷設の際,路線を地元伊那谷方面に迂回させ「大八回り」といわれた。江ノ島電気鉄道会社なども創設した。<参考文献>鵜崎鷺城「伊藤満鉄副総裁と野田東拓副総裁」(『中央公論』29巻2号)

(寺崎修)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android