コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊賀局(1) いがのつぼね

1件 の用語解説(伊賀局(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊賀局(1) いがのつぼね

?-1384 南北朝時代の女官。
篠塚重広の娘。後醍醐(ごだいご)天皇の妃阿野廉子(れんし)(新待賢門院)につかえる。貞和(じょうわ)4=正平(しょうへい)3年高師直(こうの-もろなお)の吉野攻めにより,後村上天皇や廉子が賀名生(あのう)(奈良県南部)にのがれたとき,局は巨木の枝をおって橋としたという。のち楠木正儀(くすのき-まさのり)の妻となる。至徳元=元中元年10月13日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊賀局(1)の関連キーワード至徳元中弘和永徳小松基地騒音公害訴訟カネミ油症事件ウィクリフ永徳観阿弥元中

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone