コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀名生 あのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賀名生
あのう

奈良県南西部,五條市西部の旧村域。丹生川中流域にある。 1889年村制施行。 1959年宗檜村,白銀村と合体して西吉野村となり,2005年五條市に編入された。南北朝時代南朝後村上天皇皇居正平3=貞和4 (1348) 年から正平7=文和1 (1352) 年2月までと同年6月から正平9=文和3年 10月まで置かれた。後亀山天皇の皇居もあったというが不明。初め「穴生」と書いたが,京都回復の念願から賀名生と改名したという。ウメの名所賀名生梅林がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

賀名生【あのう】

奈良県五条市にある旧賀名生村地区。南北朝時代に一時南朝の行宮が定められ,中心の和田に行宮跡が残る。梅の名所でもある。
→関連項目光明天皇後村上天皇崇光天皇

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あのう【賀名生】

現在は奈良県吉野郡西吉野村。丹生川沿いの谷。古くは穴生,穴太,阿那宇,加名生とも書かれた。《吉水神社文書》の建武1年(1334)2月付坊領証文紛失状に〈宇智郡西穴生荘〉と荘園名で見えるほか,この時期の幾つかの史料に所見があるが,とくに南北朝の抗争に関係して,賀名生が南朝の最重要拠点となったことから,その名がこの時期の史料に頻出するようになる。たとえば《園太暦》の文和1年(1352)2月26日条に〈伝聞,今上皇帝令出穴太此間改名於賀名生宸居,令赴住吉給〉とあり,今上皇帝(後村上天皇)がこの時期以前,賀名生に在住していたことがわかる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あのう【賀名生】

奈良県五條市西吉野町の地名。後醍醐・後村上・後亀山天皇の行宮あんぐうのあった地。もと「穴生」、1352年頃「賀名生」と改めたという。梅の名所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔歴史地名〕賀名生(あのう)


奈良県南西部、吉野(よしの)郡西吉野村(現・五條市西吉野町)にあった地名
南北朝時代、南朝の後村上(ごむらかみ)天皇が、難を避けて行宮(あんぐう)を設けた地で、観梅の名所として有名。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

賀名生
あのう

奈良県中西部、五條(ごじょう)市西吉野町地区の北西部にある地域。吉野川支流の丹生(にう)川中流域の谷間にある。古くは穴生、穴太、阿那宇、加名生などと書かれた。南朝の後醍醐(ごだいご)天皇、後村上(ごむらかみ)天皇の行宮(あんぐう)が置かれた地で、宮(黒木御所)跡がある。また、和田には北畠親房(きたばたけちかふさ)の墓がある。観梅の名所として知られ、約2万本のウメの木がある。[菊地一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

賀名生の関連キーワード奈良県五條市西吉野町和田伊賀局(1)西吉野[村]奈良県五條市西吉野〈村〉四條畷の戦い青木 俊之上西喜三郎後光厳天皇住吉行宮跡赤松氏範北畠親房足利義詮長慶天皇直仁親王興良親王青木俊之吉野行宮住吉行宮名和長重

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android