コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達宗興 だて むねおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達宗興 だて-むねおき

1824-1898 江戸後期-明治時代の武士,官吏。
文政7年生まれ。紀伊(きい)和歌山藩士。伊達千広(ちひろ)の養子。陸奥宗光(むつ-むねみつ)の義兄。文久2年脱藩し,公武合体運動に活躍。のち帰藩し,執政となる。維新後,広島県の参事,権令(ごんれい)をつとめた。明治31年2月9日死去。75歳。本姓は成田。通称は五郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

伊達宗興の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ウェーラー西部開拓史/活躍した「英雄」たち内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフルイマクドナルドマクレー浅田育輝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android