コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏見屋四郎兵衛 ふしみやしろべえ

4件 の用語解説(伏見屋四郎兵衛の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伏見屋四郎兵衛
ふしみやしろべえ

江戸時代中期,江戸の商人。貞享2 (1685) 年幕府は金銀の海外流出の制限をはかった定高 (じょうだか) 貿易法を制定したが,このため貿易船でさばききれない残荷が多くなった。これに目をつけた伏見屋は元禄8 (95) 年幕府に運上金 1500両を納めることと引換えに,銅を支払手段とする代物替 (だいもつがえ) 貿易の許可を得た。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伏見屋四郎兵衛 ふしみや-しろべえ

?-? 江戸時代前期-中期の商人。
江戸の材木商伏見屋の子。元禄8年(1695)長崎貿易で銀高千貫目分の銅代物替(しろものがえ)(銅と交換する貿易)の許可を得,巨利をあげる。この特権は2年後に長崎町年寄にうつったため,四郎兵衛は没落し,餓死したという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伏見屋四郎兵衛

生年:生没年不詳
江戸中期の商人。江戸の材木商の家に生まれ,家業をついだ。将軍徳川綱吉側用人として権勢をふるった柳沢吉保の家に出入りし,元禄8(1695)年に銅との物々交換(代物替)で,長崎貿易定額の9%に当たる銀1000貫目の取引を許可された。しかし長崎商人,大坂の銅商人がこの特権に反対したため,この取引はわずか2年で止んだ。派手好みで京都の真如堂に稲荷社を建て,娘は三井の一族に嫁した。しかし,代物替請負の20年後に困窮の中に餓死したといわれる。<参考文献>三井高房『町人考見録』(『徳川時代商業叢書』1巻),永積洋子「柳沢吉保と伏見屋の代物替」(『日本歴史』434号)

(永積洋子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふしみやしろべえ【伏見屋四郎兵衛】

江戸中期の江戸町人。生没年不詳。親も材木商であったが,四郎兵衛の代に江戸屈指の豪商にのし上がり,佐久間町に住んだ。1695年(元禄8)に1500両の運上を条件に,銀1000貫目分の銅と唐蘭船の定高の余り荷物とを交換することが許され(銅代物の初め),翌年には運上金1万両の条件で銀5000貫目分の取引をした。しかしその翌年から代物替(しろものがえ)は長崎町年寄の手に移り,1710年(宝永7)別子で御用木を請け負っているが,ほどなく没落し,餓死したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伏見屋四郎兵衛の関連キーワード熊斐奈良屋茂左衛門大塩鼇渚大村彦太郎(初代)坂本米舟信濃屋庄三郎栖原角兵衛(3代)西村与兵衛野村屋甚兵衛冬木小平次

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone