会計機(読み)かいけいき

百科事典マイペディアの解説

会計機【かいけいき】

キーの操作により計算を行い記帳作表する会計事務用の機械。(借方)−(貸方)=(残高),(売上)−(入金)=(残高)など縦横の欄の統計・印字ができる。また(単価)×(数量)など乗算機構を内蔵したものもある。パンチカードシステム機械群の中心をなす機械も会計機と呼ばれる(統計機械)。しかし昭和30年代のコンピューターの普及により,それまでの機械式の会計機は,電子的機構を採用した電子会計機にとってかわられ,さらにオフィスコンピューターの普及により初期の記帳会計機はほとんど姿を消すにいたった。
→関連項目機械化会計

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android