コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法定伝染病 ほうていでんせんびょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法定伝染病
ほうていでんせんびょう

伝染病予防法による感染症の分類。コレラ疫痢を含む赤痢(→アメーバ赤痢細菌性赤痢),腸チフスパラチフス痘瘡発疹チフス猩紅熱ジフテリア流行性脳脊髄膜炎ペスト日本脳炎の 11種。これら感染症の患者を診断し,またはその死体を検案した医師は,市町村長あるいは管轄保健所長(→保健所)への届け出を義務づけられ,感染症またはその疑いのある患者が出た家の世帯主なども受診と届け出が課せられた。患者の隔離,所持品や住居などの消毒,家族ないし接触者の検査なども規定された。今日これらの感染症は,感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律による分類に応じ,措置などが定められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうてい‐でんせんびょう〔ハフテイデンセンビヤウ〕【法定伝染病】

家畜伝染病予防法で指定されている家畜伝染病の通称。監視伝染病の一。家畜法定伝染病
伝染病予防法で定められていた悪性の伝染病(伝染性感染症)。同法では、医師の届け出義務、患者の隔離と強制入院、消毒などが規定されていたが、平成11年(1999)の伝染病予防法廃止、感染症予防法の施行に伴い、人の場合はこの呼称は使用されなくなった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

法定伝染病【ほうていでんせんびょう】

伝染病予防法伝染病と規定されるもの。コレラ赤痢疫痢を含む),腸チフスパラチフス天然痘発疹チフス猩紅(しょうこう)熱ジフテリア流行性脳脊髄膜炎ペスト日本脳炎の11種。
→関連項目学校伝染病検疫公費負担医療指定伝染病届出伝染病

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

法定伝染病

 コレラ,赤痢など11種の伝染病で,医師が診断もしくは感染者の死体を検屍した場合に直ちに届け出なければならない伝染病予防法で定められた伝染病であった.現在は平成10年制定の「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」によって,コレラ,細菌性赤痢などは,二類感染症に分類され,対策が規定されている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほうていでんせんびょう【法定伝染病】

伝染病予防法(1954年制定)で予防方法が定められた疾患で,コレラ,赤痢(疫痢を含む),腸チフス,パラチフス,痘瘡(とうそう),発疹チフス,猩紅熱,ジフテリア,流行性脳脊髄膜炎,ペスト,日本脳炎の11疾患を指す。法定伝染病を診断,または法定伝染病によって死亡した死体を検案した医師は,ただちに市町村長(または検疫委員,予防委員)を経由して患者あるいは死体の所在地の保健所長に届出なければならない。医師から届出られた後,患者の収容・治療や行動制限,患者あるいは死亡者との接触者や接触した物の隔離,検査,消毒等が行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうていでんせんびょう【法定伝染病】

旧伝染病予防法において伝染力が強く死亡率が高いため、届け出・隔離治療・消毒などが義務づけられていた伝染病。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法定伝染病
ほうていでんせんびょう

伝染病予防法で定められた伝染病(感染症)の分類名。1999年(平成11)の伝染病予防法廃止に伴い、この用語は使用されなくなった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の法定伝染病の言及

【感染】より

…しかし厳密には,病原微生物が生体に感染して疾病を起こし,その経過中(潜伏期,回復期,病後を含む),感染生体からの分泌物や排出物とともに病原体が出て,接触または媒介によって他の生体を感染させる場合を伝染といい,とくに伝染力の強い感染症を伝染病と呼んでいる。法定伝染病(コレラ,赤痢,腸チフス,パラチフス,痘瘡(とうそう),発疹チフス,猩紅(しようこう)熱,ジフテリア,流行性脳脊髄膜炎,ペスト,日本脳炎)や麻疹(はしか),百日咳,急性灰白髄炎,水痘,風疹などが好例である。一方,生体が感染症に罹患しても病原体が排出されないか,または排出されても他の生体を感染させにくいものは非伝染性感染症といい,破傷風,虫垂炎,瘭疽(ひようそ),毒素型食中毒などは伝染病とはいわない。…

【コレラ】より

…コレラ菌によって起こる,きわめて伝染力の強い下痢疾患で,法定伝染病の一つ。病原体であるコレラ菌Vibrio commaは欧文のコンマ(読点)状をしたグラム陰性の杆菌で,一端に1本の鞭毛(べんもう)をもち,幅0.5μm,長さ2μmくらいの大きさ。…

【ペスト】より

…当時は予防対策も不十分で,適切な治療法もなく,その激烈な症状ときわめて高い致命率のために,最も恐ろしい伝染病とされた。ペストは今でも日本の法定伝染病の一つに数えられてはいるが,実際には1926年を最後に国内では現在まで患者の発生がまったくみられず,この病気の存在さえもほとんど忘れられようとしている。別名を〈黒死病〉というが,重症になって敗血症をきたすと全身各所に暗紫色の斑点が現れ,皮膚が黒ずんでみえたのでこの名前がつけられた。…

※「法定伝染病」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法定伝染病の関連キーワードニューカッスル病家畜伝染病予防法アナプラスマ症パラチフスA菌馬伝染性貧血狂犬病予防法甲州地どりブルセラ症ラッサ熱豚コレラ伝染病院狂犬病避病院口蹄疫白痢鼻疽牛疫炭疽

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法定伝染病の関連情報