コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伴義雄 ばん よしお

2件 の用語解説(伴義雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伴義雄 ばん-よしお

1921-1994 昭和後期-平成時代の薬学者。
大正10年4月15日生まれ。昭和32年北大教授となり,62年学長。インドールアルカロイドの合成研究で,59年学士院賞日本薬学会会頭,学術会議会員。平成6年7月16日死去。73歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「無機化学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伴義雄
ばんよしお
(1921―1994)

薬学者。東京に生まれる。東京帝国大学卒業。菅沢重彦の指導を受け、トコン(吐根)のアルカロイド、エメチンの合成研究で薬学博士となる。北海道大学助教授を経て、1957年(昭和32)同大学教授。この間、主としてインドールアルカロイドの合成研究に従事。構造が複雑で合成困難な多数の本系アルカロイドを合成したばかりでなく、新規反応の開発、絶体配位の決定により生合成分野の発展にも寄与した。この研究により1984年日本学士院賞を受けた。さらに有機金属錯体電極反応を利用した新合成法を開発し、各種のアルカロイド、微生物二次代謝物質などの合成を行った。日本学術会議会員、日本薬学会会頭を歴任した。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伴義雄の関連キーワード千葉治平池上忠治稲見一良後藤仁郎相良亨白壁彦夫辻隆長岡毅中義勝山下元利

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone