コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅沢重彦 すがさわ しげひこ

2件 の用語解説(菅沢重彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅沢重彦 すがさわ-しげひこ

1898-1991 昭和時代の薬学者。
明治31年4月2日生まれ。イギリスに留学し,R.ロビンソンのもとで研究。昭和12年東京帝大教授。日本薬学会会頭をつとめた。有機化学を研究し,新抗肺炎剤・抗ヒスタミン剤などの開発につくす。18年学士院賞。平成3年3月1日死去。92歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「化学実験学」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菅沢重彦
すがさわしげひこ
(1898―1991)

薬学者。薬学博士。大阪府堺(さかい)市出身。東京帝国大学薬学科卒業(1922)。慶松勝左衛門(けいまつしょうざえもん)に師事して、グルタミン酸、オルニチン、リジンなどアミノ酸類の新合成法を開発した。1929年(昭和4)オックスフォード大学に留学、R・ロビンソン教授の下でモルフィンおよび関連化合物の合成研究に従事。1932年帰国し、東大薬品製造学講座助教授を経て、1937年教授。1943年「ヂベンツォキノリチンおよびヂベンツォインドリチン誘導体の合成研究」により帝国学士院賞を受賞。1945年抗肺炎剤サルファメラジンの新製法を開発、抗ヒスタミン剤の改良合成、新気管支拡張剤の合成、難溶性止血剤の可溶化など製薬指導面に新生面を開いた。日本薬学会会頭、日本学士院会員を歴任。著書に『化学実験学』(1942)がある。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

菅沢重彦の関連キーワードユーゴ紛争ロシア音楽社会小説畑知子世界の国旗タタ財閥山本智美西原さおりいまどきのこども検屍官

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone