コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅沢重彦 すがさわ しげひこ

2件 の用語解説(菅沢重彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅沢重彦 すがさわ-しげひこ

1898-1991 昭和時代の薬学者。
明治31年4月2日生まれ。イギリスに留学し,R.ロビンソンのもとで研究。昭和12年東京帝大教授。日本薬学会会頭をつとめた。有機化学を研究し,新抗肺炎剤・抗ヒスタミン剤などの開発につくす。18年学士院賞。平成3年3月1日死去。92歳。大阪出身。東京帝大卒。著作に「化学実験学」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菅沢重彦
すがさわしげひこ
(1898―1991)

薬学者。薬学博士。大阪府堺(さかい)市出身。東京帝国大学薬学科卒業(1922)。慶松勝左衛門(けいまつしょうざえもん)に師事して、グルタミン酸、オルニチン、リジンなどアミノ酸類の新合成法を開発した。1929年(昭和4)オックスフォード大学に留学、R・ロビンソン教授の下でモルフィンおよび関連化合物の合成研究に従事。1932年帰国し、東大薬品製造学講座助教授を経て、1937年教授。1943年「ヂベンツォキノリチンおよびヂベンツォインドリチン誘導体の合成研究」により帝国学士院賞を受賞。1945年抗肺炎剤サルファメラジンの新製法を開発、抗ヒスタミン剤の改良合成、新気管支拡張剤の合成、難溶性止血剤の可溶化など製薬指導面に新生面を開いた。日本薬学会会頭、日本学士院会員を歴任。著書に『化学実験学』(1942)がある。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菅沢重彦の関連キーワード落合英二伊藤四十二上尾庄次郎桑田智清水藤太郎辰野高司富田真雄中沖太七郎宮木高明村山義温

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone