コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吐根 とこんipecac

翻訳|ipecac

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吐根
とこん
ipecac

生薬の一つ。ブラジル原産のアカネ科の木本状草本植物トコン Cephaelis ipecacuanhaの肥大した根を乾燥させたもの。エメチン,プシコトリン,セフェリン,エメタミンなど,いわゆるトコンアルカロイドを含む。エメチンに富むものは良質とされる。去痰薬催吐薬,ドーフル散,シロップ,チンキなどの原料とする。ほかにカルタゲナトコン C.acuminata (コロンビア原産) ,コクショクトコン C.emeticaなどの根も吐根として薬用にされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

とこん【吐根】

アカネ科の小低木。ブラジル原産。東南アジアでも栽培される。高さ30センチメートル 内外。花は白色小形で腋生えきせいの花柄に多数頭状につく。液果は暗紫色。根も吐根といい、アルカロイドを含み、催吐・去痰きよたん薬や、アメーバ赤痢の抗原虫薬とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

吐根 (トコン)

学名:Cephaelis ipecacuanha
植物。アカネ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

吐根の関連キーワードコクショクトコントコン(吐根)浸剤・煎剤抗原虫薬暗紫色鎮痛薬アヘン催吐剤解毒剤伴義雄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android