コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

持明院統 じみょういんとう

6件 の用語解説(持明院統の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

持明院統
じみょういんとう

後深草天皇系の皇統。鎌倉時代後嵯峨天皇は寛元4 (1246) 年,第1皇子久仁親王に譲位して後深草天皇としたが,皇太弟の恒仁親王を寵愛して,正元1 (59) 年これに皇位を譲らせて亀山天皇とし,その皇子世仁親王を皇太子とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じみょういん‐とう〔ヂミヤウヰン‐〕【持明院統】

鎌倉後期から南北朝時代にかけて、大覚寺統と皇位を争った後深草天皇の系統。南北朝時代は北朝として南朝と対立したが、元中9=明徳3年(1392)南朝を合わせ、以後皇位を継いだ。後深草天皇が譲位後、京都の持明院を御所としたのでこの名がある。→大覚寺統

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

持明院統【じみょういんとう】

鎌倉時代,後嵯峨法皇の死後,皇統は二つに分裂して対立抗争したが,そのうち後深草(ごふかくさ)天皇の系統を持明院統という。亀山天皇の大覚寺統に対する。後深草天皇の子伏見天皇が譲位後に京都持明院に住んだのでこの名がある。
→関連項目亀山天皇勘仲記看聞日記京極家京極為兼玉葉和歌集後宇多天皇後嵯峨天皇後伏見天皇宣陽門院長講堂伴野荘二条家(歌の家)二条為世花園天皇日野家風雅和歌集北朝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じみょういんとう【持明院統】

鎌倉時代後半から南北朝時代にかけて皇位継承をめぐって争った二つの皇統のうち,後深草天皇の系統をいい,北朝につながる。後嵯峨法皇の死(1272)後,後深草上皇系と亀山天皇系の間で皇位継承や皇室領荘園の領有をめぐる争いがおこり,天皇家は大きく二つに分裂した。このうち後深草上皇の子伏見上皇が持明院(現在の京都市上京区安楽小路町にあった)を居所としたことからこの皇統を持明院統とよび,これに対して亀山天皇系が大覚寺統とよばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じみょういんとう【持明院統】

鎌倉時代から南北朝時代にかけて分裂対立した二皇統の一。後深草天皇から後小松天皇に至る系統。大覚寺統と皇位を争い、南北朝分立の一因を作った。足利尊氏が擁立して北朝と称し、後小松天皇の時南朝を併せて現在に至る。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

持明院統
じみょういんとう

鎌倉中期に分裂対立した二皇統の一つ。持明院は藤原基頼(もとより)が邸内に建てた持仏堂の名で、今日の京都市上京区上立売(かみだちうり)北新町のあたりにあたる。基頼の子通基(みちもと)が持明院家を称したが、その孫女(むすめ)、後高倉院(ごたかくらいん)妃がここに住んだ縁から、後高倉院がここで院政をとり、以来後深草(ごふかくさ)、伏見(ふしみ)、後伏見(ごふしみ)院も譲位後ここに住した。後深草、亀山(かめやま)天皇の間に皇位をめぐって対立を生じ、子孫の間に引き継がれ、皇統が二分したので、史家は前者の皇統を持明院統とよんで、後者の大覚寺(だいかくじ)統と区別している。両統ともに鎌倉幕府や西園寺(さいおんじ)家の支持を得て有利な立場を得ようと競ったが、持明院統は大覚寺統よりも幕府に親しむ傾向が強かった。この争いは後の南北朝分立の因となったが、持明院統はやがて北朝として室町幕府に推戴(すいたい)された。[多賀宗隼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の持明院統の言及

【長講堂】より

…67年(文永4)にいたって後深草上皇が長講堂とその所領を引きつぎ,1304年(嘉元2)にこれを伏見上皇に譲与する。 ところで,後嵯峨上皇は27年にわたって院政をおこない,後深草天皇のあとに弟の亀山天皇を即位させ,しかも亀山の皇子世仁親王を皇太子にしたため,以後,後深草天皇の系統(持明院統)と亀山天皇の系統(大覚寺統)の両統に分かれて政争が激しく展開されることになった。膨大な長講堂領もその相続・獲得をめぐって暗闘にまき込まれるが,結局,後深草天皇→伏見天皇→後伏見天皇→花園天皇→光厳天皇→崇光天皇→後小松天皇と持明院統に伝領され,その皇統の勢力をささえる最も重要な経済的基盤になった。…

【伏見天皇】より

…院評定衆の代りに宮中に議定衆をおき,記録所に庭中訴訟を聞くなど,当時としては政治を刷新するものであった。このころ皇統が持明院・大覚寺両統に分かれ,皇位継承問題から激しい政争があった中で,伏見天皇は持明院統の地位を確立した。和歌,書道にすぐれ,和歌では京極為兼を側近として歌壇を形成し,《玉葉和歌集》を勅撰させた。…

【文保の和談】より

…鎌倉後期,持明院統大覚寺統との皇位をめぐる抗争を拾収するために,幕府が介入して行った協議。幕府は,皇位をめぐる両統の抗争にまきこまれるのを回避するため,1317年(文保1)使者を上京させて,皇位継承のルールを両統の協議によって定めることを促した。…

【北朝】より

…日本の南北朝時代に並立した両朝のうち,持明院統の系譜をひき,足利氏に擁立されて京都に存在した朝廷。吉野にあった大覚寺統の朝廷に対し,北方にあったので北朝とよばれ,光明,崇光,後光厳,後円融,後小松の5代の天皇が皇位についた。…

【室町院】より

…しかし宗尊が関東の将軍となったので,一部を除き室町院の所領となった。後嵯峨は亀山上皇を室町院の猶子として,これを伝えさせようとしたが,室町院はむしろ伏見上皇にこの荘園群を伝領することとしており,1300年女院が死ぬと,大覚寺統と持明院統との間で激しい相論がおこった。亀山はこの所領を伝領した宗尊の女瑞子(土御門姫君)を永嘉門院として後宇多上皇の妃に迎え,室町院領を獲得しようとし,伏見は室町院の遺志をたてにとってこれと争った。…

【両統迭立】より

…鎌倉時代後半,天皇家が後深草天皇系(持明院統)と亀山天皇系(大覚寺統)の両統に分裂して皇位継承を争った時期に,妥協策として両統から交互に皇位につくとされた原則。後嵯峨法皇は第3子後深草上皇よりも第7子亀山天皇を愛し,後深草の皇子熙仁親王を退けて亀山の皇子世仁親王を皇太子に立てたが,承久の乱(1221)後鎌倉幕府が皇位継承問題に干渉することが多く,それを顧慮した後嵯峨法皇は死に際して後深草,亀山のいずれを〈治天の君〉(天皇家の惣領)とすべきかの決定を幕府の指示にゆだねた。…

※「持明院統」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

持明院統の関連キーワード院派大覚寺統備中物夫銭和歌四天王青江物富樫古信楽バブル時代方鑑

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone