コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南牧村 なんもく

2件 の用語解説(南牧村の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南牧村
なんもく

群馬県南西部,長野県との県境にあり,鏑 (かぶら) 川の支流南牧川流域を占める村。 1955年尾沢,月形,磐戸の3村が合体して発足。林業とコンニャクの栽培が主産業。西部の砥沢では流紋岩の岩脈から砥石用の石材が切出され,石材加工業も立地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

南牧村
みなみまき

長野県東部,八ヶ岳連峰の東斜面にある村。東部の千曲川は谷底を流れるために平地は少い。八ヶ岳裾野の野辺山高原には広大な畑地があり,キャベツレタスなどの高冷地野菜が栽培され,別荘地,スキー場もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南牧村の関連キーワード荒船山烏川志賀坂峠県境にかほ十石犬六合〈村〉群馬県甘楽郡下仁田町新〈町〉笠原〈町〉

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南牧村の関連情報